北東京シティ・クリスマス2018


皆様いかがお過ごしですか?
毎年、東京北部にあるいくつかのキリスト教会では、お互いに協力し合って、
音楽とメッセージのクリスマスイベントを開催しています。
教会ははじめての方も、毎年ご参加下さっている方も、
どうぞお出かけください。お越しを心よりお待ちしております。


2018年12月9日(日) 
開場14 : 30]開演 15:00~終了 17:00

<会場> 赤羽会館・1F講堂


大嶋師と語ろう!〜交流会〜

本当のクリスマスって?

同日 17:30〜19:00 同会場にて

Facebookページ QRコード



入場無料 どなたでもご自由にご出席ください。
手話通訳あり


ゴスペルアーチスト
Migiwa



クリスチャンの家庭に生まれ、幼少から教会に通い聖歌隊などで音楽に親しむ。
2000年アメリカで本場のゴスペルを聴き感銘を受け、翌年から音楽活動を開始。自身の不登校や引きこもりの経験を通し生み出された楽曲や透き通る歌声で神様の愛を伝え、多くの人に勇気と希望を与えている。
2006年8月ゴダイゴのタケカワユキヒデに気に入られ、サポートを受けアルバム「蟻と宇宙」をリリース。ゴスペルCCM大賞アーティストオブザイヤー金賞を受賞。
2009年、ストレスの中喉頭肉芽腫の大病により声を失い、失意の中渡米し弟子訓練の学びを受ける中、喉が癒され、1年間の活動休止の後、活動を再開。
NHKラジオの人気番組「ラジオビタミン」のときめきインタビューに出演。
2011年、東日本大震災の直後から東北に通い始め、今なお定期的に被災地を訪れ、仮設住宅などでボランティアコンサートを続けている。
2018年3月、7枚目となるニューアルバム「3日目の朝」をリリース。好評発売中。
教会や学校、ライブハウスなど、全国をコンサートで飛び回っている。

JECA教会員。



                       クリスマスメッセージ
          大嶋 重徳 

京都府福知山市出身。田舎ヤンキーばかりのバスケ部に入り、ビーバップハイスクールに憧れて教会から綺麗に離れた中学生時代。16歳の時に洗礼を受けて、今度は綺麗に律法的なクリスチャンに転向。その後はもろもろあって、哀れみの中で信仰を保ち続けている。
1997年からキリスト者学生会主事となる。神戸改革派神学校卒業。2011年Australia Sydneyで、Moore Collegeでサバティカルを過ごす。その際、シドニー日本語キリスト教会で奉仕。
現在はキリスト者学生会(KGK)総主事。

趣味は料理。著書『自由への指針:「今」を生きるキリスト者の倫理』(教文館)、『若者と生きる教会』(教文館)、『おかんとボクの信仰継承』(いのちのことば社)